« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

08年度春季恒例プラコン 栃木の森でゴルフを楽しむ会

日時・コース: 4月28日(月) 晴れ、 アパリゾート栃木の森GC
参加者: 常連10名+五十嵐(小沢友人)  不参加:石森、辺見
成績:  入賞  内田96 小沢88、竹沢100 
      ④飯野116 ⑤五十嵐97 ⑥長谷川107 ⑦宮田104 
      ⑧安積107 ⑨浅井118 ⑩白井97 ⑪井上115
     Fp: 内田:+85、 長谷川:+35、 以下略。 
         浅井:-49、 井上:-43、 飯野:-38、 以下略。
総括:  
いつもの通りだがテニスかなんかで腰痛だ脚痛だと訴えていた内田さんが結果的に入賞しFpも好結果を残した。 このような結末が読めていながら、身体にハンデがあるんじゃといささかガードを緩めるというより、緊張感を失うと、その痛みは本人ではなく同伴仲間が負うという歴史的必然を回避できないのはどうしてだろうか?  要は人がいい、気持ちが優しいということか。厳しくいえば内田さんの身体の調子がわるいことは正論であって、ゴルフ自体はけっして悪くないという各論をまったく認識していない仲間が甘いということなのだろう。
それにしても、好天候にもかかわらず、ほとんどが普段よりスコアが悪いのも、いつもの通りか。           (安積)     

| コメント (0)

2008年4月21日 (月)

08年度 第4回大平会コンペ

ひょっとすると前半は雨中プレーかと思わせる天気が回復したおかげでぬれずに気持ちよくプレーできたのは参加者の神前さん追悼の気持ちが天に通じたのかもしれない。 
昔からの伝統ある常連、7人の侍のバトルとなり生き残ったのは二人だけという厳しい現実であった。 
  
日時: 4月19日 天候 曇り、風  西 9:03  
     不参加:辺見、石森、浅井、飯野
成績: 順位 
   安積 グロス 88 ② 長谷川 94
  ③ 宮田 93 ④ 竹沢 94 ⑤ 内田 94 ⑥ 北川 94  
  ⑦ 小沢 85(BG,BM)
  Fp: 安積 +231 長谷川 +21
      内田ー100(上限) 竹沢-45 北川ー38 小沢ー36
      宮田 ー33
  スーパーエクストラ(達成)・・・安積
    バーディ 1個・・・北川、宮田
  
事務局総括:
全員が94以下という締まったゴルフはこのところ記憶にないことである。安積(HC20) 長谷川(19)とも高ハンデだったし、特に事務局(安積)は過去に例がないスコアになったのは一瞬の偶然と認識している。
最新5回の平均グロスやバトルの成績、シニアハンデプラス付加、 不参加ハンデマイナス付加等諸々を反映させて一般性の確保と機会均等化は図っているが、所詮 努力(練習etc)しない人と参加率の悪い人は配慮外である。
ちなみに事務局(安積)は次回5月はシングルハンデにて参上いたします。 た・の・し・み !?
 
(参考) 1月~4月までの優勝者、グロス、HC 
1月:宮田 91(16) 2月:石森 99(28) 3月:浅井 106(36) 4月:安積 88(20)

| コメント (1)

2008年4月 9日 (水)

新年度トチモは多難のスタート

昨年4月にスタートしたトチモ・シリーズもいよいよ2年目に入り、昨日の雨で1日順延となった今日、6人のS&Lメンバーが好天の中で気持ちよくスタート、までは良かったものの相変わらず難しいグリーンにも悩まされて全員がオーバー100。(1年前と比べれば着実に進歩している人もいるにはいるが・・・。)

【今日の結果】  *( )内数字は昨年4月の成績                                ①安積:102(111) ②内田:105(106) ③安奥:106(105)  ④井上:107(122) ⑤宮田:109(111) ⑥内奥:115(113) (欠場・・・長谷川、浅井)

バーディ・・・なし。

【主な記録】                                 ①INコース14番で6P(内田)・・・穴の周囲から戻ってしまう傾斜と芝。                         ②OUT9番ロングで14打(宮田)・・・どフック+3打目OB+バンカー内3打                                                +ホームラン+3P。

    

| コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

神前さん追悼

 このたびの神前さん急逝については本当に驚きました。豊かなシニアライフに向けてまさにこれからという時だっただけに残念です。  5月には郷里の鹿児島でゴルフをすることになっていて楽しみにしているようでしたし、聞けば今月もうすぐ娘さんの花嫁姿を、そして秋には孫の顔も見られる予定だったということです。運命と言うにはあまりにも悲しく、何といっていいのか言葉もありません。              大平台も結局は先月22日が最後となってしまいましたが、いつも冷静で颯爽とした彼の姿がもう見られないということが今でも信じられない気持ちです。  そういえば先週24日に神前さんから「ミッドサマートーナメント幹事引継ぎの件」 ということで、いかにも彼らしくキチンと整理されて次回幹事に送られました。  またそのあとには大平台ゴルフのプレーマナーに関するメール展開(私は対象外と思い消去してしまいました)がありましたが、これら最近の行動が何か今回のことにつながっているのでしょうか不思議を感じます。 これらも今となっては彼の遺言になってしまいましたが、これからは天国からの視線を意識しつつ彼の意を無にすることなく健全な大平会ゴルフにつとめるとともに健康に留意していきたいと思います。   (内田)

Photo_2

  

  

   

この記事をご覧の皆様、神前さんとの思い出や今回のことで感じたことなど何でも結構です、下のコメント欄に投稿してください。 

| コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »